DIYなアクアリウム

2013年から始めたアクアリウム。小さいものから大きなものまで自作して節約する。管理しやすい陰性水草と最近話題のアクアテラリウムが好み。

DIYなアクアリウム

画像の説明
アクアテラまとめ
画像の説明
アクア三角
採取
シダ・コケ特集
水槽台を自作
画像の説明
画像の説明
画像の説明

川の断面を覗くようなアクアテラリウムの作り方(YouTube動画解説)

f:id:wkldpiqbl:20210831165110j:plain
YouTubeにも挙げている
川の断面を覗くようなアクアテラリウムの
作り方をまとめていきます。
動画では分かりにくかった箇所や材料も
まとめますので参考に!



土台作り

使った材料・道具

60㎝水槽:EHEIM EJ-60

標準的な水槽です。
ネットショップでも安く手に入ります。


外部フィルター:EHEIM 500

ろ過装置として使います。
外部フィルターです。


水中ポンプ:コンパクトオン300

早い水流を起こすために使います。
その名の通りコンパクトかつ流量も多いので、
アクアリウムによく使っています。


ポリスチレンボード

土台の材料です。
厚さ5mmの発泡スチロールのような素材です。
水を通さず、カッターで切りやすいので
アクアテラリウム制作には欠かさず使っています。
100円ショップでも入手可能です。


シリコンシーラント(防カビ材抜き)

スチレンボードの接着は
シリコンシーラントで行います。
アクアリウム用の接着剤はコスパが悪いので、
防カビ剤が入っていないシリコンシーラントで
代用しています。
もちろん生体に影響がないとは言いにくいので
あくまでも自己責任で使っています。

ヘラ

塗ったシリコンシーラントを伸ばすために使います。
塗りムラをなくし、しっかりと接着させます。


カッター(黒刃)

スチレンボードを切るときに使います。
黒刃は切れ味が良く、
一度使ったら他のが使えなくなりました。
とてもキレるのでケガに注意。


L字定規

スチレンボード切断の時に使います。
30cmまで使えるのと、
直角に切りたい時に重宝します。


鉢底ネット

土台の水の通り道に設置します。
エリアを分けるときなど仕切りたいけど
水は通したい箇所に使います。
園芸ショップほか、100円ショップでも手に入ります。


川(水路)づくり

f:id:wkldpiqbl:20210831165122j:plain
カッターでスチレンボードを切っていきます。
完全に切断せずに切れ目を入れるようにします。


f:id:wkldpiqbl:20210831165126j:plain
切れ目からスチレンボードを曲げて…


f:id:wkldpiqbl:20210831164943j:plain
こんな形で仮止めします。
マスキングテープが便利です。


f:id:wkldpiqbl:20210831164946j:plain
シリコンシーラントで接着させます。
塗った後にヘラで伸ばしてあげると
しっかり接着できますし、
見た目もキレイになります。

池づくり

f:id:wkldpiqbl:20210831164949j:plain
水路と同じようにしてスチレンボードを切りました。
底も切り出してこんな形に仕上げます。


f:id:wkldpiqbl:20210831164952j:plain
水を貯めないといけないので
シリコンは多めにしっかり塗ります。
水漏れがないようにしっかりと。

仕切りづくり

f:id:wkldpiqbl:20210831164955j:plain
陸地と水がある場所を分けるためのパーツです。
水が通れるようにパーツの一部を加工します。
用いるのが鉢底ネットです。
ハサミで切って、


f:id:wkldpiqbl:20210831164958j:plain
このように貼り付けます。
これで小さな生き物や小石などを
防ぎつつ、水だけは通り抜けられます。


f:id:wkldpiqbl:20210831165001j:plain
こんな感じで使っています。
これは吸水パイプを隠すパーツでした。

その他

f:id:wkldpiqbl:20210130201612j:plain
これは池と川の繋ぎ目になるパーツです。
左部分が植栽スペースになります。
植栽スペース下部には穴を開けて
鉢底ネットを貼っています。

水槽に接着

f:id:wkldpiqbl:20210831165004j:plain
水槽への接着もシリコンシーラントを使います。
リセットするときもカッターの刃を
水槽に押し当てるようにすれば
比較的きれいに取れます。


土台の装飾

使った材料・道具

風山石

ゴツゴツした見た目の石です。
比較的安く手に入るため、
かなり重宝しています。


田砂

粒が大きな砂です。
舞い上がりにくいのでメンテナンス性にも優れています。


シリコンシーラント(防カビ材抜き)

土台制作で用いたものです。
透明と黒色の2色あると
使い勝手が良いです。

仕切り板に石を貼る

f:id:wkldpiqbl:20210831165007j:plain
作ったパーツに石を貼っていきます。
適当にシリコンを塗りました。


f:id:wkldpiqbl:20210831165010j:plain
あとは石を貼り付けます。
重たくなりすぎないように
小さめの石を貼っています。


f:id:wkldpiqbl:20210831165014j:plain
石と石のすき間からどうしても
スチレンボードが見えてしまうので
そこにシリコンを塗って、


f:id:wkldpiqbl:20210831165016j:plain
砂をまぶします。
こうすることで自然な雰囲気になります。

水路に石を貼る

f:id:wkldpiqbl:20210831165020j:plain
できたパーツを水槽に貼り付けた後は、
それぞれのパーツに石を貼っていきます。


f:id:wkldpiqbl:20210831165023j:plain
手前の水路部分は土台をしっかり作ったので
大きな石も乗せられます。
川感が出るように試行錯誤しながら進めます。


f:id:wkldpiqbl:20210831165026j:plain
川底になる部分にはシリコンを塗って、


f:id:wkldpiqbl:20210831165029j:plain
砂をまぶします。
水の流れで砂が飛ばされてしまうため、
シリコンで固定するのです。


f:id:wkldpiqbl:20210831165032j:plain
左端にはこんな感じに流れの休息場を設けています。
後からここにももう少し石を貼ります。


植栽

使った材料・植物

赤玉土

園芸用の基本となる土です。
影響分が含まれていないため、
水槽でも用いることができます。


植物

シマトリネコ
シノブゴケ
ヒメイタビ
トキワシノブ
イノモトソウ


土壌づくり

f:id:wkldpiqbl:20210831165035j:plain
陸地の植栽スペースです。
赤丸の部分は明り取りでとして使い、
下のスペースに光を照らします。
エサやりの穴としても使います。


f:id:wkldpiqbl:20210831165038j:plain
上部フィルター用のマットを敷いて、


f:id:wkldpiqbl:20210831165042j:plain
リングろ材を入れていきます。
ろ材は軽量化と、通気性・排水性確保のため入れます。

植栽する

f:id:wkldpiqbl:20210831165046j:plain
シマトリネコです。
おおよその場所が決まったら、
赤玉土を入れていきます。


f:id:wkldpiqbl:20210831165048j:plain
コメツツジも植えました。
明り取りの穴はこんな感じです。


f:id:wkldpiqbl:20210831165052j:plain
穴を隠すようにシノブゴケを置いていきます。
穴を塞ぎ切らないようにします。


f:id:wkldpiqbl:20210831165055j:plain
ヒメイタビ・イノモトソウなども
植えていけば完成です。


完成

完成写真はこんな感じです。

f:id:wkldpiqbl:20210831165058j:plain

f:id:wkldpiqbl:20210831165102j:plain

f:id:wkldpiqbl:20210831165105j:plain

f:id:wkldpiqbl:20210831165110j:plain

f:id:wkldpiqbl:20210831165114j:plain

f:id:wkldpiqbl:20210831165119j:plain


↓↓↓この水槽の制作動画はこちら↓↓↓

www.youtube.com