DIYなアクアリウム

2013年から始めたアクアリウム。小さいものから大きなものまで自作して節約する。管理しやすい陰性水草と最近話題のアクアテラリウムが好み。

DIYなアクアリウム

画像の説明
アクアテラまとめ
画像の説明
アクア三角
採取
シダ・コケ特集
水槽台を自作
画像の説明
画像の説明
画像の説明

滝と池があるアクアテラリウムを作る〜前回の反省と土台製作編〜

f:id:wkldpiqbl:20200614130038j:plain
1年前に初めて作ってみたアクアテラリウムですが、
排水性の悪さからか植物が枯れたり、
カビや苔が繁殖しやすくなってます。
前から気にはなってましたが、
ちょうど連休があったのでリセットすることにしました。

今回は前回の作品の反省とともに
アクアテラリウムの土台を作っていきます。



前回の作品の反省

はじめてのアクアテラリウムということで
勝手がよく分からないまま作ってました。

詳しくは前回の作成記事をご覧ください↓


コンセプト

f:id:wkldpiqbl:20200323221932j:plain
前回のレイアウトで表現したかったポイントを
下記に示します。

陰性水草を配置できるスペース

もともとはメイン水槽にある陰性水草を
ストックするための水槽でした。
ただ生体が入っている関係もあり、
すぐ苔がついてしまってました。
そのためアクアテラリウムにして陸地に配置することで
苔の害を無くそうとしたのが
そもそものアクアテラリウム製作のきっかけ
です。

水槽のリセットとともに直ぐレイアウトできる

生体が入っているので、リセットとともに
すぐレイアウトが完了することが理想でした。
つまりあらかじめ土台を作っておいて
あとは完成した土台を入れるだけ
という
方法で制作しました。

川がある

他のアクアテラリウム作品を見る中で
川があったほうが鑑賞する上でも
楽しめると感じたため川を作ろうと考えました。

流路が分岐する

ただ川があるだけではつまらなく感じたので
途中で川が分岐するような
レイアウトを目指しました。

反省点

f:id:wkldpiqbl:20200516163802j:plain
上記のようなコンセプトがありましたが、
実際に維持管理する中で
いろいろな問題が出てきました。

排水性が悪い

流路のことしか考えてなかったので、
スペースができたらそこに苔を配置しよう
くらいしか考えてませんでした。
そのため排水性が悪くカビが繁殖し、
徐々に枯れてしまう苔が多くなりました

これが1番の問題でした。

水の音が大きい

完成した土台を水槽に入れるだけの製作方法だったので、
川の途中で水が漏れてしまい、
水の音が意外と大きくなってしまいました

バラバラの土台の繋ぎ目がちゃんとできてなかったようです。
塩ビ管で支えた土台だったので
中が空洞だったことも原因でしょう。

人工物感が拭えてなかった

初めてのアクアテラリウムは
土台自体が四角く作られていたので、
どうしても人工的な印象でした。


今回のアクアテラリウムの計画

f:id:wkldpiqbl:20200516163835j:plain

コンセプト

「滝と池と崖」
今回のレイアウトの大きな特徴は途中で池を作ることです。
滝から池へと水が注ぎ込み、
池から1番下へ流れるという構造です。
f:id:wkldpiqbl:20200511195449p:plain
つまり「滝」「池」「水面」という3段構えです。
また、「滝」から「池」にかけては
山岳地形をイメージした「崖」の要素も加えます。

留意点

前回を反省して新しいレイアウトでは下記のことを注意します。

排水性

排水性を高め、カビの発生や根腐れを起こさないようにします。
前回のように水が浸透せず淀んでしまう箇所をなくし、
排水性の高い床材を使用
します。

メンテナンスのしやすさ

前回のアクアテラリウムは湿度を保つため、
ガラスフタをして管理していました。
しかし、常時フタをしてしまうと
メンテナンスや餌やりの度に開け閉めをせねばならず、
面倒に思えていました。
そこで今回はある程度乾燥に強い植物のみにして
上部開放タイプのアクアテラリウム
を目指します。


アクアテラリウム土台づくり開始

使用材料

スタイロフォーム

石の高さ出しや補強に使います。
発泡スチロールよりも硬くてしっかりしています
水に浮くので水中部分に入れる場合は重りが必要です。
ホームセンターで入手できます。

発泡ポリスチレンボード

土台のメイン材料です。
主に滝と池の土台など流水がある場所に使います。
その他には陸地部のエリアを分けるためにも使う予定です。
100均でも入手できました。

シリコーンシーラント(防カビ剤なし)

接着剤です。
安価で入手しやすいですが、
防カビ剤が入ってないことを確認してください。

エーハイム500

アクアテラリウムのフィルターです。
水量が少ないアクアテラリウムにはオーバースペックですが、
その分流量が多いので迫力ある流れになってくれます。

赤玉土

陸地部のメインの土です。
褐色の粒状の土で排水性・通気性が高いのが特徴です。
肥料分はないのでアクアテラリウムにも使えるのではないかと思い使うことにしました。

①縞龍石の土台をつくる

f:id:wkldpiqbl:20200614130046p:plain
まずはメインの縞龍石をスタイロフォームの土台で
高さを出していきます。
スタイロフォームを6枚重ねて20cmほど嵩増しします。

②出排水部分をつくる

f:id:wkldpiqbl:20200614130021p:plain
スチレンボードで出排水部分を作ります。
出水部分はオーバーフローシステムにします。

f:id:wkldpiqbl:20200614130042p:plain
パイプからの水を貯めて、
溢れた水を滝へ流すような感じです。
こうすることでパイプが剥き出しになることがなくなり、
より自然なレイアウトになります。

③池をつくる

f:id:wkldpiqbl:20200614130024j:plain
こちらもスチレンボードで形作っていきます。
ポイントは深さを思っているよりも広め・深めに作ることです。
壁面に石を貼り付けるのでボードで作った土台よりも
ひと回り狭くなるためです。
シリコーンでしっかり補強することを忘れずに。

④陸地部分を決める

f:id:wkldpiqbl:20200614130031j:plain
スチレンボードで仕切りを作って陸地エリアを決めます。
このときに池の高さを決めて
池を支える土台も作ります。
f:id:wkldpiqbl:20200614130027j:plain
スチレンボードには水が通るように
一部鉢底ネットを貼り付けました。
こうすることで水が循環して淀みが少なくなります。
表に見えてしまうスチレンボードは
最終的に石を貼っていきます。

⑤滝をつくる

f:id:wkldpiqbl:20200614130034p:plain
池の高さが決まったら出水部分から池を繋ぐ
滝の土台を作っていきます。
水漏れがないように流路はスチレンボードで作ります。
水の勢いが読めないので端は高めにしました。


土台完成


とりあえずこんな感じに土台はできました。
3日くらい経って完全に接着したら
水槽に入れて流水確認をします。

【アクアテラリウム】水槽の中に池と崖を再現してみた