DIYなアクアリウム

2013年から始めたアクアリウム。小さいものから大きなものまで自作して節約する。管理しやすい陰性水草と最近話題のアクアテラリウムが好み。

DIYなアクアリウム

アクアテラまとめ
アクア三角
採取
シダ・コケ特集
アヌビアス特集
アクアテラリウム土台自作part1
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

アクアリウム水槽をもっとおしゃれにする3つのポイント!

f:id:wkldpiqbl:20181228173412j:plain
おしゃれなアクアリウム水槽が家にあったら良いですよね。
そんなおしゃれなインテリア性の高い水槽を目指して
始めてもなかなか思ったようにいかないこともあるでしょう。
そのでおしゃれ水槽にするため心づけるべき3つのポイントについて紹介していきます。

3つのポイントとはズバリ、
①水槽周りをスッキリさせる
②基本のレイアウトに忠実に
③水草を配置する

です。
これから詳しく見て行きましょう。

水槽周りをスッキリさせる

f:id:wkldpiqbl:20181228171207p:plain
まずは水槽周りをすっきりさせましょう。
インテリア性を高めるのであれば
ごちゃごちゃしていたり、
無駄にアクアリウム用品が目立つことは避けましょう。

スタイリッシュな照明

水槽の上部に必ず設置する照明器具は
一番目立つ存在です。
まずは照明器具をスタイリッシュで
かっこいいものに変えてみましょう。


目立たないフィルター

水族館でフィルターが見えないように
極力、人工物を隠した方がおしゃれに感じられます。
外部フィルターは本体が水槽下部に
隠すことができるのでおすすめです。


水槽台の中に隠す

アクアリウム用品は水槽台に入れておきましょう。
外部フィルターであれば冬に水槽内に設置して
目立つ存在のヒーターも
インラインヒーターというホースに直結する
ヒーターを使用できるので水槽台の中に隠すことができます。


見せる収納も

アクアリウム用品の中には
それ自体がスタイリッシュなものが多くあります。
ADAのアクアリウム用品が有名です。
そんな用品は水槽台の中にしまわず、
あえて見せる収納にすることもできます。

これで水槽の縁に引っかけます。


レイアウトにこだわる

基本の構図は守る

基本の構図には
凸構図・凹構図・三角構図の3種あります。
f:id:wkldpiqbl:20181228172109p:plain
↑凸構図

f:id:wkldpiqbl:20181228172119p:plain
↑凹構図

f:id:wkldpiqbl:20181228172127p:plain
↑三角構図

水槽のレイアウトをするときは
これら3つの構図を意識しましょう。
プロでも意識しています

奥行き感を出す

f:id:wkldpiqbl:20181230135439j:plain
奥行き感があれば水槽内がより広く感じられ
アクアリウム水槽のクオリティがぐぐっと上がります。

最も簡単に奥行き感を出すには
①水槽の奥の角を隠す
②底床に傾斜をつける

が主な手法です。
f:id:wkldpiqbl:20181230135410p:plain

無駄なものは入れない

無駄だと思うものは入れない方が良いでしょう。
無駄なものとは、客観的に考えて
レイアウトの邪魔をしているものや
おしゃれだと思えないもののことです。

これ気に入っているけど全体を見たら浮いてるよな

と思ったものは取り除きましょう。
全体のバランスが何よりも重要です。


水草を入れる

アクアリウム水槽に水草を入れることで
自然さが増しておしゃれな水槽になります。
水草をキレイに維持するにはコツや技術が
必要なこともありますが、
初心者向けの丈夫な水草だけでも十分です。
水草を入れる上で気をつけるべきことは
水草の大きさと色です。

水草の高さに注目

アクアリウムでは多種多様な水草が売られていますが
それを思いつきで配置・植栽すべきではありません。
水草の高さによって配置する場所を変えましょう。
f:id:wkldpiqbl:20181230135427p:plain

前景草

水槽の前面に配置する背の低い水草です。
ヘアーグラスやグロッソスティグマ、ウィーピングモスなどがよく用いられています。

前景草のポイントとしては密に育てることです。
1番目につく場所なのでバラバラと生えているよりも
みっちりと生えていた方が見栄えが良いです。


中景草

水槽の前面と背面の間に配置する水草です。
中くらいの大きさの水草を用います。
ブセファランドラなど特徴的かつ魅力的な水草でも良いです。


後景草

水槽の背面に配置する背の高い水草です。
水面に向かって高く、大きく成長する種が
よく用いられています。


水草の色に注目

色相についても考えていきましょう。
同じ色ばかりの水草を使うとメリハリがなくなります。

3つの構図の紹介をしましたが水草の色を変えることで、
これらの構図を作り出すこともできます。

緑色

1番よくある水草の色です。草といえば緑ですよね。
アクアリウム水槽に必ず入る色といっても良いのではないでしょうか?
ただ、緑と言ってもグロッソスティグマの明るい緑から
ボルビティスの濃緑まで様々あるので
気に入ったものを入れてみましょう。


赤色

緑色の補色となる赤を取り入れると
鮮やかで活気のある印象を与えるでしょう。
赤色の水草はルドウィジア・レペンスやロタラ・インディカなどがあります。


黄色

緑色と色相環で隣り合う黄色を取り入れると
穏やかで落ち着いた印象を与えます。
水草では黄緑くらい色が多いです。


魚の体色との対比でも

水草は緑色で統一して飼育する魚を
体色が鮮やかで目立つものを選ぶと
かなりおしゃれレベルが上がります。



さいごに

アクアリウム水槽をおしゃれにするポイントを紹介しました。
アクアリウムの基本をしっかり意識しつつ、
レイアウトを考えると比較的おしゃれな水槽にできます。
慣れてこれば遊び心溢れる他にはないおしゃれ水槽も作り出せるはず!