DIYなアクアリウム

2013年から始めたアクアリウム。小さいものから大きなものまで自作して節約する。管理しやすい陰性水草と最近話題のアクアテラリウムが好み。

DIYなアクアリウム

画像の説明
アクアテラまとめ
画像の説明
アクア三角
採取
シダ・コケ特集
水槽台を自作
画像の説明
画像の説明
画像の説明

ネイチャーアクアリウムにも種類がある!?芸術的なアクアリウムとは

店で自然を再現したようなすごいアクアリウムを見たけどあれはなんなの?

レストランやアクアリウムショップ、
SNSでたまに見かけるすごいアクアリウム。
うっそうとした森や洞窟、草原を再現したかのような
素晴らしいアクアリウムですよね。
それらはネイチャーアクアリウムと呼ばれています。
今回はそんなネイチャーアクアリウムについて
分類から必要な用品まで紹介していきます。



ネイチャーアクアリウムとは?

f:id:wkldpiqbl:20191014142821j:plain
ネイチャーアクアリウムとは
自然(Nature)」+「アクアリウム(Aquarium)」で、
自然を切り取ったかのような壮大なレイアウトのアクアリウムです。
ただ魚や水草を入れて楽しむだけでなく、
より洗練して芸術の域まで高めたアクアリウムといえます。

アクアリウム水槽の世界大会である
「レイアウトコンテスト」では多くの作品に
自然風景を再現したようなレイアウトがあります。
普通のアクアリウムとネイチャーアクアリウムの境目は
はっきりと言えません。
この辺りは製作者の裁量といえる部分です。



ネイチャーアクアリウムの種類

ネイチャーアクアリウムにも種類があります。
よく見かける主要な分類をしてみました。
(写真はイメージです。)

森林

f:id:wkldpiqbl:20191014142953j:plain
流木を中心にレイアウトしたネイチャーアクアリウムです。
ネイチャーアクアリウムの世界大会であるレイアウトコンテストでも多くの作品が森林をテーマに作成しています。
着生植物や、つる性植物が繁茂した熱帯雨林や
苔むした日本の原生林など
森林テーマの中にも個性はあります。
ネイチャーアクアリウムの中で1番に思いつくテーマですが
実際に作成するにはレイアウトの構図や
水草・モスの配置や育成など難易度は高いです。

山岳

f:id:wkldpiqbl:20191014143214j:plain
大きな石をレイアウトして山岳地形を再現するテーマです。
シンプルかつお手軽なレイアウトですが、
見栄えは良く、部屋に置くとおしゃれな雰囲気になります。
まずはメインの石を見つけることから始めましょう。

草原

f:id:wkldpiqbl:20191014143320j:plain
背の低い水草を一面に生やして
草原のようなレイアウトのテーマです。
山岳テーマと組み合わせて用いられることが多く、
奥行きを出すために背面に向かって
底床を盛り上げていきます。
このテーマの難しさは密に水草を育てることです。
密でないと色の濃い底床が露出してしまい、
見栄えが良くなくなってしまいます。

洞窟

f:id:wkldpiqbl:20191014143518j:plain
石を多く使うレイアウトで洞窟のような風景を再現するテーマです。
洞窟をメインテーマに用いるレイアウトは少なく、
森林テーマの中に洞窟を作っていることが多いです。
普通に石や流木を配置するだけでは洞窟は出来ないので、
シリコンシーラントやバスコークを用いて
水中でも固定した状態の洞窟を作り出します。


レイアウトの難しさ

f:id:wkldpiqbl:20191014143935j:plain
ネイチャーアクアリウムの難しさには
構図・水草育成・金額があると考えられます。

構図

構図とは、石や流木などのレイアウト用品の
全体としてのバランス・構成のことです。
どのレイアウト用品をどこに配置すれば
見栄えが良くなるかを考えます。
一般的には三角構図・凸型構図・凹型構図に分けられます。



特に山岳テーマでは構図によって大きく作品の見栄えを左右します。
森林テーマなどの複雑なレイアウトでは
より高度な構図の理解が必要になってきます。
構図を理解していないと、
なんだかバランスの悪いパッとしないレイアウトになってしまいます。

水草育成

ネイチャーアクアリウム最大の難しさと言えるのが
この水草育成です。
森林テーマであれば苔を再現したモス類の繁茂、
草原テーマであれば隙間なく生えた低草。
これらは単純に植えれば良い、活着させれば良いのではなく、
正しい水草育成の知識が必要です。
それぞれに適した水質・光量など
水草が元気に育つ環境だけでなく、
異なる種類の水草を同じ水槽内で組み合わせることができるかという知識も必要です。

お金

アクアリウムを始めている方は知っていると思いますが
アクアリウムは初期投資が大きい趣味です。
ネイチャーアクアリウムを始める時も同じです。
見栄えを重視するために外部フィルターを使うことが多いことや、
水草育成のための二酸化炭素添加も必要です。
レイアウト用品の流木が大量に必要だったり、
形の良い大きな石も購入しなければなりません
その結果、予想以上の出費になってしまいます。


初めての人にオススメなレイアウトは?

初めての人には「山岳&草原テーマ」をオススメします。
理由としては、
・シンプルなレイアウトなので構図をまとめやすい点
・出費が比較的少ない点

が挙げられます。
まずは小さめの45cm水槽くらいから挑戦してみてはいかがでしょうか?


最低限必要なアクアリウム用品

前章でオススメした山岳&草原テーマを始めると
想定して必要なアクアリウム用品をまとめます。

水槽本体

初めての方には45cm水槽がオススメです。
このサイズであれば使用する石も
それほど大きいものは必要ないのと、
メンテナンスがしやすいです。

フィルター

外部フィルターがオススメです。
水槽の下に本体を設置するため、
水槽周りがスッキリします。

水槽台

外部フィルターを使うときには
フィルター本体を下部の棚に収納する必要があります。
アクアリウム専用の水槽台であれば
ホースで繋がっているフィルター本体を
不自由なく収納できるためオススメです。

LED照明

最近は蛍光灯でなくLED照明が一般的になってきました。
蛍光灯と比べ購入価格は高くなりますが
ランニングコストは安いです。
オススメはAqulloシリーズです。
プラグが大きくないので電源が必要な
他の器具と干渉しません


メインとなる大きな石1個とサブの石3個くらいあれば良いです。

水草

前景草と呼ばれる背の低い水草が良いでしょう。
プランツシードと呼ばれる水草の種から
育てることが多いようです。

ソイル

水草を育てるためのアクアリウム用の土です。
ソイル自体に養分があるため、
根を生やす水草には必須のアイテムです。

二酸化炭素

二酸化炭素を添加する理由は
・水草の成長を促進する
・キレイな水草を育てる

ことです。
二酸化炭素が必要ないと紹介されている水草でも
添加した方がキレイに育ちます。
二酸化炭素は添加したほうが良いでしょう。


さいごに

ネイチャーアクアリウムについて紹介しました。
アクアリウムという趣味を芸術の域まで高め、
見る人を驚かせる水槽です。
アクアリウムについての十分な知識・経験など
始めるにあたって敷居が高そうなネイチャーアクアリウムですが、
水草育成さえうまくできるようになれば
誰でも挑戦できると思います。
ぜひネイチャーアクアリウムを始めてみてはいかがでしょうか?

【癒しのアクアリウム】陰性水草水槽を眺める動画 アクアリウムAquarium4K動画