DIYなアクアリウム

2013年から始めたアクアリウム。小さいものから大きなものまで自作して節約する。管理しやすい陰性水草と最近話題のアクアテラリウムが好み。

DIYなアクアリウム

画像の説明
アクアテラまとめ
画像の説明
アクア三角
採取
シダ・コケ特集
水槽台を自作
画像の説明
画像の説明
画像の説明

オークションで購入したメダカの卵に水あわせは必要?改良メダカを孵化させる

f:id:wkldpiqbl:20200616214319p:plain
最近立ち上げた三角構図水槽ですが、
生体がシマドジョウとミナミヌマエビのみで
少し寂しく感じてきました。

水草は海外のものだけど
魚は日本淡水魚が良いというこだわりがあるため
ネオンテトラやグッピーなどの
海外原産の熱帯魚は入れたくありません。

そこで改良メダカを飼ってみることにしました。



購入先

どの品種のメダカが良いかと下記のHPで目星を付け、


いざアクアリウムショップを訪れると…




f:id:wkldpiqbl:20200628105805p:plain
た、高い…


1匹1000円だと…!?
え、こっちはペアで3000円!?


はい、学生の僕には非常に悩ましい値段でした。

産卵もしてほしいし、長く楽しみたい。
メダカの寿命は1年くらいと聞いていたので。


そこで見つけたのがヤフオク!

ヤフオク!なら高価な品種でも卵なら
20個程度で送料込み1000円弱で購入できます

早速気になる品種の卵を落札しました。


購入した品種

f:id:wkldpiqbl:20200628105927j:plain
購入したのは「天女の舞」という品種です。

幹之メダカのヒレが長く成長する品種です。



卵に水あわせは必要?

まずは一般的な魚について考えます。

一般的な生体の場合

f:id:wkldpiqbl:20200628110112j:plain
魚やエビなどショップで購入した生体は
水あわせが必要です。

理由は急激な水温変化や水質変化が起こると
生体がその変化にショックを受け
最悪の場合死んでしまうことがあるからです。

死ぬことはなくてもエラなどにダメージを受け
弱ってしまいます。

そのため、水温と水質を少しずつ変化させ
ショップの水と自宅の水槽の水との差を無くす必要があります。

つまり、生体を安全に自宅水槽に入れられるように
水あわせを行う必要があります。

卵の場合

卵の場合もきちんとした水あわせは必要でしょうか?

答えは「NO」です。

卵の中は薄くとも殻に守られているため
水質の変化に対しては問題ありません。


水カビが発生しないように孵化するまで
カルキ抜きせずに水道水に入れておく方が
良いと言われているほどです。

しかし水温に関しては合わせる必要があるでしょう。

水温が違いすぎると卵内であっても影響が出るためです。


孵化させる設備

メダカの卵を購入したのは11月になってからでした。
小さい容器で孵化させようとしましたが、
朝晩の冷え込みが心配です。

そこでヒーターで25℃を維持している
メイン水槽内に卵を入れて
孵化させることにしました


そこで購入したのは「フローティングネットM」
ネットの中に入れれば他の生体に食べられることもなく
20℃を保ったまま維持できます。


f:id:wkldpiqbl:20200809214937j:plain
水温合わせ中です。
容器ごと水槽に浮かべます。
ゆっくりと水温を合わせていきます。

f:id:wkldpiqbl:20200809215024j:plain
入れました。
もう目が分かるので孵化まで
そんなに時間はかからないでしょう。


まとめ

メダカの卵には水あわせは必要ない。
しかし水温は合わせる必要がある。



f:id:wkldpiqbl:20200809215056j:plain
P.S. 1匹生まれてました。