DIYなアクアリウム

2013年から始めたアクアリウム。小さいものから大きなものまで自作して節約する。管理しやすい陰性水草と最近話題のアクアテラリウムが好み。

DIYなアクアリウム

アクアテラまとめ
アクア三角
採取
シダ・コケ特集
アヌビアス特集
アクアテラリウム土台自作part1
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

水槽に入れるヒーターの電気代の目安を簡潔にまとめる

気温が下がり寒くなる冬。
水槽にヒーターを入れる季節でもあります。

しかし心配になるのが電気代。

電気代が高くなるから嫌だなあ

メダカだしヒーター入れなくていいか

ヒーターを入れずに電気代を節約しよう

と考えていませんか?

実際に電気代を計算してみると
思ったほど高くないのが事実です。
この記事ではヒーターを使用するときにかかる
電気代の計算方法から結果まで解説していきます。

計算方法

計算に使う要素

f:id:wkldpiqbl:20181219144021j:plain
一般的な電気代の計算には、
・機器の消費電力(W/時間)
・電力使用量(時間)
・電力量料金(円/W)

を用いて計算します。

機器の消費電力(W/時間)

1時間当たりに消費する電力を表します。
値が大きいほど電気代が高くなります。
髪を乾かすドライヤーは1000W前後、
LED電球は7W前後と機器によってかなり差があります。

電力使用量(時間)

電力を使う時間です。
長くなるほど電気代は高くなります。

電力量料金(円/kW)

使用電力当たりかかるお金です。
電力会社によって異なりますが、
1000Wh当たり25円前後です。

計算式

上記の3つの要素から電気代を求める式は
f:id:wkldpiqbl:20181219133631j:plain
となります。


ヒーターの電気代を計算する

ヒーターの消費電力

水槽の大きさによって使うヒーターの消費電力は変わります。

水槽サイズ(横×奥×高) 水量 消費電力
30㎝水槽(30×20×25㎝) 15ℓ 50W
30㎝キューブ水槽(30×30×30㎝) 27ℓ 75W
45㎝水槽(45×27×30㎝) 36ℓ 100W
60㎝水槽(60×30×36㎝) 65ℓ 150W
90㎝水槽(90×45×45㎝) 182ℓ 300W
120㎝水槽(120×45×45㎝) 243ℓ 500W



これが目安となっています。
大きい水槽に消費電力が小さいヒーターと使っても
ヒーターの使用時間が長くなるので
電気代が安くなることはありません。
大きさによって適切なヒーターを使うことが大切です。

使用条件

基本的にヒーターは水温が下がれば電源が入り、
水温が一定以上になれば電源が切れるようになっています。
そこで1日にヒーターを合計8時間付けると仮定します。
冷える夜間にずっと付いているイメージです。

1か月あたりの電気代

1000Wh当たり25円と仮定して計算します。
中部電力電気料金

水槽サイズ(横×奥×高) 消費電力 電気代
30㎝水槽(30×20×25㎝) 50W 300円
30㎝キューブ水槽(30×30×30㎝) 75W 450円
45㎝水槽(45×27×30㎝) 100W 600円
60㎝水槽(60×30×36㎝) 150W 900円
90㎝水槽(90×45×45㎝) 300W 1800円
120㎝水槽(120×45×45㎝) 500W 3000円



ヒーターの電気代は高い?

f:id:wkldpiqbl:20181219144133j:plain
1か月あたりにかかるヒーターの電気代を計算しましたが、
これは高いのでしょうか?
他のアクアリウム用品と比べてみましょう。
これからは60㎝水槽で考えていきます
ヒーターは900円でした。

ほかのアクアリウム用品の電気代

照明器具

照明器具は日中の8時間点灯を考えます。

商品 メーカー 消費電力 電気代
フラットLED コトブキ 14W 84円
クリアLED GEX 17.5W 105円
TRIANGLE LED Aqullo 29.4W 176円


フィルター

フィルターの場合は24時間稼働しています。
そのため電力消費時間も24時間で考えます。

タイプ 商品 メーカー 消費電力 電気代
外部 2213 エーハイム 6W 108円
上部 グランデカスタム600 GEX 11W 198円
外掛け ワンタッチフィルター テトラ 8.4W 151円


冷却器具

夏季に使用する冷却機器は
昼間の8時間使用すると仮定して計算します。

タイプ 商品 メーカー 消費電力 電気代
ファン アクアクールファン GEX 3W 18円
クーラー クールパワーボックス テトラ 170W 1020円


結論

ヒーターの900円と比べると照明やフィルターの
電気代はかなり安くなりました。

しかし忘れてはいけないことは
ヒーターは冬季にしか使わないという点
です。
そこで各アクアリウム用品の1年あたりの
電気代について計算してみます。
冷却器具は7月~9月の3ヵ月
ヒーターは11月~2月の4ヵ月使用すると考えます。

用品 使用期間 消費電力 年間の電気代 1ヵ月当たりの電気代
照明 12ヵ月 20W 1440円 120円
フィルター 12ヵ月 8.5W 1836円 153円
ファン 3ヵ月 3W 54円 4.5円
クーラー 3ヵ月 170W 3060円 255円
ヒーター 4ヵ月 150W 3600円 300円

1ヵ月当たりに換算するとそこまで並外れて
高くはないことが分かります。
つまり電気代が高くなると思われがちなヒーターも
1ヵ月に5000円などという高額な電気代はかからないと言えます。
もちろん水槽の数が増えれば電気代は高くなります。



さいごに

ヒーターの電気代は思うよりも低いことが分かりました。
水槽の周りを断熱して冷やさないように心がければ
もっと電気代は抑えられるでしょう。
ヒーターを入れれば生体も調子を崩すことはないですし、
冬季は日本の淡水魚であれヒーターを入れた方が良いでしょう。

外部フィルターを使用しているときの
おすすめの断熱法はこちらに詳しく解説してます。