DIYなアクアリウム

2013年から始めたアクアリウム。小さいものから大きなものまで自作して節約する。管理しやすい陰性水草と最近話題のアクアテラリウムが好み。

DIYなアクアリウム

画像の説明
アクアテラまとめ
画像の説明
アクア三角
採取
シダ・コケ特集
水槽台を自作
画像の説明
画像の説明
画像の説明

滝と池と崖のあるアクアテラリウムの作り方 〜植栽・完成編〜

新アクアテラリウム制作完結編です。
これまで前回の反省から土台作りまで
やってきました。
この記事では植栽をやっていきます。

最後の仕上げです




陸地部分に植栽

さっそく植物を配置していきます。
今回の裏テーマとして「盆栽」があったので
園芸ショップなどで手に入れた植物を選びました。
水槽に蓋をせずに維持管理するため、
湿度を求めるシダ系は入れません。

選んだ植物

アキニレ

f:id:wkldpiqbl:20200815233533j:plain

ヤマモミジ

f:id:wkldpiqbl:20200815233537j:plain

シマトネリコ

f:id:wkldpiqbl:20200815233541j:plain

コメツツジ

f:id:wkldpiqbl:20200815233549j:plain

イノモトソウ

f:id:wkldpiqbl:20200815233554j:plain

ヒメイタビ

f:id:wkldpiqbl:20200815233558j:plain

苔類

f:id:wkldpiqbl:20200815233603j:plain

実際に植えていく

f:id:wkldpiqbl:20200815233958j:plain
植物の選定が終わったら植栽し始めます。
メインの中心から植えていくと
バランスが取りやすくなります。
アキニレから植え始め、
ヤマモミジ、コメツツジ、シマトネリコの順に植えていきました。


完成!

完成しましたー!
完成写真がこれです!















f:id:wkldpiqbl:20200726152538j:plain
かなり満足しています。
植栽もバランスよく配置できたと自画自賛。

f:id:wkldpiqbl:20200726152550j:plain
池の水位もいい感じです。
流水テストをした後に調整したことで
迫り出し部分にも水が来ています。

f:id:wkldpiqbl:20200726152600j:plain
斜めからの角度。
池の下は洞窟チックにしました。

f:id:wkldpiqbl:20200726152652j:plain
陸地部分。
奥の背景をシマトネリコ、
側面をコメツツジにしました。

f:id:wkldpiqbl:20200726152705j:plain
苔を前面に敷くことで
より自然な風景にすることができます。

f:id:wkldpiqbl:20200726153608j:plain
ここが1番のこだわり。
水槽を横や後ろから見て
断層を眺めるのが好きだったんですよね笑。
それを前面に持ってきました。

f:id:wkldpiqbl:20200726152721j:plain
かなり満足のいく仕上がりになりました。


さいごに

2回目のアクアテラリウム作成ということもあり、
デザインを考えてから完成するまで
1週間程度と意外と早く終えれました。
排水性や流水部など要所要所を押さえて
手を抜ける部分は手を抜きながら進めました。
特に前回はよく見ないと分からないような
細部にまでこだわっていたので時間がかかりました笑。
今回は水槽上部が開放しているので
前回とは少し違う維持管理になりそうです。
経過報告はちょくちょくやっていきます。