DIYなアクアリウム

2013年から始めたアクアリウム。小さいものから大きなものまで自作して節約する。管理しやすい陰性水草と最近話題のアクアテラリウムが好み。

DIYなアクアリウム

アクアテラまとめ
アクア三角
採取
シダ・コケ特集
アヌビアス特集
アクアテラリウム土台自作part1
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

アクアテラリウムとは?「意味」と「良さ」と「注意点」をまとめる


アクアテラリウムという言葉を聞いたことありませんか?
アクアとテラの両方あるものだとは
すぐ想像できると思います。

最近聞くパルダリウム との違いは?

維持管理の注意点は?

この記事ではアクアテラリウムの意味から
パルダリウム, ビバリウムとの違いまで解説します。

アクアテラリウムとは?

アクアテラリウム(Aquaterrarium)とは
アクアリウム(Aquarium)とテラリウム(Terrarium)
を組み合わせた造語
です。
水槽内に水中部分と陸地部分の両方を作り出すものです。

陸地部分には苔を植えたり、
滝を作ったりとレイアウトの幅が広がります。


パルダリウム ・ビバリウムとの違いは?

アクアテラリウムと同じような言葉として
パルダリウムやビバリウムがあります。
それぞれの違いを説明する前に
まずはそれぞれの意味についてまとめます。

それぞれの意味

すべての言葉に〇〇リウム(〇〇arium)と付きますが、
これは、ラテン語で密閉された空間を意味します。
つまり水槽内の空間という意味です。

パルダリウム(Paludarium)とは?

パルダ(Palud)はラテン語で沼地を意味します。
陸地部分と水中部分の両側面を持つスタイルです。
アクアテラリウムは日本で作られた造語なので、
アクアテラリウムとパルダリウムは一緒の意味です。

ビバリウム(Vivarium)とは?

ビバ(Viv)はラテン語で生息地という意味です。
つまり水槽内の生息環境を再現した
すべてのスタイルのことです。
アクアリウムもアクアテラリウムもパルダリウムも
テラリウムもすべてビバリウムと言える
のです。

それぞれの棲み分け

以上のことをまとめると下図のようになります。
ビバリウム,パルダリウム,アクアテラリウムの違い図


アクアテラリウムの良さ

壮大なレイアウトができる

f:id:wkldpiqbl:20190110143604j:plain
アクアテラリウムでは陸地部分に小さな滝や、
川などの水の流れを再現することができます。
川ではなく、水が滴るようなレイアウトも可能です。
そのようなレイアウトは自然界を水槽に再現したような
魅力的で迫力がある水槽になります。

陸生と水生植物を育てられる


アクアテラリウムでは選択できる植物の幅が広がります。
同じ植物でもアヌビアスやブセファランドラのように
半水生の環境で生育している植物を
自然な状態で育てることができるのも
アクアテラリウムの良さのひとつです。

半水生生物の飼育に最適

f:id:wkldpiqbl:20190110143808j:plain
シリケンイモリやヤドクガエルなど、
湿った環境を好む生物の理想的な飼育環境を作り出せます。
種によって陸地の方をより好む種などがありますが、
アクアテラリウムではより自然的な飼育環境を整えることができるため、飼育にも鑑賞にも適したスタイルと言えます。


アクアテラリウムの注意点

カビが生えやすい

f:id:wkldpiqbl:20190110144050j:plain
アクアテラリウムの陸地部分では水が飛び散り、
カビの繁殖に適した環境が生まれることもしばしばあります。
カビが繁殖すると整体の病気の原因にもなりますので
見つけ次第、取り除くなどの対処が必要です。

ガラス面が曇って鑑賞しにくい

f:id:wkldpiqbl:20190110144100j:plain
アクアテラリウムでは湿度を保つために
水槽にフタをすることがよくあります。
アヌビアスやブセファランドラの水上葉は
乾燥しすぎる環境は苦手なためです。
その結果、水槽内の湿度の高さによりガラス面が曇ってしまい、鑑賞の妨げになります。

陸上植物に乾燥に強い週植えれば解決します。

虫が湧くことがある

自然採取したコケやシダだけでなく、
ショップで購入した陸上植物には虫の卵が付着しており、
それが導入後に孵化し虫が湧くことがあります。
導入前に注意することが大切ですが、
気づかないことが多いです。
湧いてしまった時はひとつひとつ処理しましょう。


さいごに

アクアテラリウムは陸上と水中の両側面があり、
大自然を再現した壮大な水槽を作り出せます。
カビの繁殖など気をつけるべき点はありますが
初心者でも簡単に作ることができます。
ぜひ挑戦してみてください。

↓アクアテラリウムに筆者が初めて挑戦した記事です。