DIYなアクアリウム

2013年から始めたアクアリウム。小さいものから大きなものまで自作して節約する。管理しやすい陰性水草と最近話題のアクアテラリウムが好み。

DIYなアクアリウム

アクアテラまとめ
アクア三角
採取
シダ・コケ特集
アヌビアス特集
アクアテラリウム土台自作part1
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

初心者でもDIYで滝のあるアクアテラリウム(練習) 〜計画始動編〜

f:id:wkldpiqbl:20181009154118j:plain
最近話題の「アクアテラリウム 」や
ビバリウム」、「パルダリウム 」。

すごく興味があり、いつかやってみたいなーって思ってました。

ただ、「カビとか生えて管理が大変なんだろうなー」とか
とか湧いたらどうしよう」などという疑念から
TwitterやYouTubeの動画を眺めるに留めていました。


しかーし!この度、やってみることにしました笑

きっかけは、水草ストック水槽の水草のコケが気になりだした頃、
ストック水草を水上化させたらキレイなままストックできるのでは?」と考えたことです。

そこから色々調べはじめていくうちに
妄想が膨らみだし(暴走しだし)
せっかくならレイアウトに凝ったアクアテラリウムやってみるか」という考えに至りました。


水槽設備

水槽

標準60cm水槽
理由は、とりあえずお試しだからです笑
より本格的に開始するときは
GEX社の「グラステラリウム」にしようかなーと考えています。

フィルター

エーハイム 500
現在のストック水草と同じ外部フィルターを使用します。

レイアウト

立体構造はプラダン塩ビパイプを用いて自作


石を積み上げて作成すると重量が増すのと、
崩れた場合にガラスが割れる心配があるため
出来るだけ軽量化を図るため立体構造物を自作します。

また、立体構造物を自作することで
アクアリウム初心者にも本格的なレイアウトが可能です。

水草

基本的に現在ストックしている
ブセファランドラアヌビアスミクロソリウム
半水上(水に浸かる程度)で生育させます。

追加で「トキワシノブ」、
タマシダ」、「レインボーファン」など
パルダリウムでよく使用されている植物を追加します。


今後の予定

今後のザックリとした予定は
デザイン決定

立体構造物自作

追加植物選定

アクアテラリウム導入


この水槽が今後どうなっていくのか…




次の記事はこちら!