DIYなアクアリウム

2013年から始めたアクアリウム。小さいものから大きなものまで自作して節約する。管理しやすい陰性水草と最近話題のアクアテラリウムが好み。

DIYなアクアリウム

アクアテラまとめ
アクア三角
採取
シダ・コケ特集
アヌビアス特集
アクアテラリウム土台自作part1
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

アクアテラリウムの蒸れ対策!水槽にPC用ファンを設置する

アクアテラリウムパルダリウムビバリウム
両生類を飼ったり植物を育てたり川を再現したり。
維持管理している方も多いのではないでしょうか?

湿度が高い環境を好む植物を・生体を入れている場合、
水槽やゲージを締め切ることになると思います。

しかし、ここで問題になるのはカビの繁殖です。
締め切った空間では空気の循環がなくなり
カビにとっても、ちょうど良い環境になります。

今回はそんな水槽を管理している方に紹介する
締め切った水槽内でも空気の流れを作り出す方法を紹介します。

蒸れによる影響

カビが繁殖する

レイアウトしている流木などは湿気の多い環境では
カビが繁殖しやすくなります。

カビが繁殖したからといって
すぐに植物がためになることはありません。

しかし、カビが繁殖すると胞子が舞ったり
見た目が良くないので繁殖したら除去した方が良いです。

植物がダメになる

締め切った水槽は高湿度を保つことができます。
その状態で高温になると蒸れてしまいます

そうなるといくら高湿度な環境を好む植物でも
すぐに枯れてしまいます。

ガラス面が曇る

これは鑑賞上の影響ですが、
締め切った水槽ではすぐにガラス面が曇ってしまいます。
いざ、水槽を見ようとしても見えません。


主な蒸れ対策方法

パルダリウム・ビバリウム用のケージを使う

パルダリウム用の水槽は上部に通気口が開いています。
通気口があるだけでも水槽内の湿度調整の役割を担うため
蒸れを大幅に軽減できます。


水槽用冷却ファンを使う

水槽用の冷却ファンを取り付けることで
水槽内に適度な空気の流れが生まれます。
そのため蒸れを軽減できます。



PC用冷却ファンについて

今回はPC用の冷却ファンを導入することにしました。
水槽用のものとの違いを次にまとめます。

メリット

コンパクト

水槽用の冷却ファンは水槽の枠に引っ掛けて
取り付けるタイプが多いため
どうしても大きくなってしまいます。

大きいと水槽内の空気の流れが強すぎて
高湿度を保てなくなる可能性が出てきます。

PC用冷却ファンであればコンパクトなものがあり、
水槽の上に置くだけで湿度調整ができます。

種類が豊富

アクアリウム用品と比べると
PC用冷却ファンの種類は豊富です。
大きさやノイズの大きさなどによって選ぶことができます。
そのため、ちょうど良い風量や
うるさすぎないノイズのものなどを選択できます


比較的安価

水槽用の冷却ファンが2000円弱するのに対し、
PC用は安いもので500円から購入できます。

デメリット

防滴でない

あくまでPC用のため水滴が付いてしまうと
故障する可能性があります。

湿度が高い環境の中で使用しただけでも
壊れてしまう
こともあるかもしれません。

自作PCの知識が必要なことも

PC用ですので接続端子が3ピンなど
自作PCの知識が必要な場合があります。
電圧や電流などちゃんと合ったもの
使用する必要があります。



設置

使用するPCファン

ELUTENG社の冷却ファンを購入しました。

縦横4cmというコンパクトさで水槽上においても邪魔にならない
風量を3段階に調節できる
USB接続なのでお手軽
800円という安さ

以上の点で決めました。

ELUTENG ファン 40mm 静音 USB 扇風機


導入


届いたパッケージがこれです。
この時点でもコンパクトさが分かります。


コードの長さは1m。
少し足りないので延長コードを使います。


水槽の角に配置します。
空気が出る向きを上にして水槽内の空気を
吸い出すイメージ
で置きます。


ファンがないとガラス面全体が曇ってしまうのが


ファンを回すとかなりクリアに。
「中」にして回していました。


まとめ

PC用冷却ファンをアクアテラリウムに設置することで
蒸れの大幅な軽減が見込める。

また、水槽用の冷却ファンと比べて
コンパクト・種類が豊富・安価であることから
PC用冷却ファンをお勧めします。