DIYなアクアリウム

2013年から始めたアクアリウム。小さいものから大きなものまで自作して節約する。管理しやすい陰性水草と最近話題のアクアテラリウムが好み。

DIYなアクアリウム

アクアテラまとめ
アクア三角
採取
シダ・コケ特集
アヌビアス特集
アクアテラリウム土台自作part1
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

ついに完成!初心者でもDIYで滝のあるアクアテラリウム(練習) 〜導入編part2〜

アクアテラリウム製作記です。

前回は自作した土台を水槽に入れました。

↓前回(導入編part1)はこちら↓



植物配置

陸地

植物


注文していた植物が届きました。
写真のものは乾燥気味でも平気そうなものです。


トキワシノブ。
これはザ・シダという感じですね。


そしてタマシダ・ダッフィー。
レイアウトのワンポイントになりそうです。


フィカス プミラ ミニマ。
壁に這いつくばっての成長を見込みます。


クッションモスことセラギネラ。
小さいながら特徴的な植物。


ここからは湿潤好みのもの。
シダ sp.(未同定)です。


レインボーファン。
レインボーな色彩を見せてくれるのか。


そして苔。
左からシッポゴケ・スギゴケ・ヒロクチゴケ・ハイゴケ。
確証はありませんのでご教授願います。

ビニタイ刺し


壁に植物を配置するときは
貼り付けた植えれる君にビニタイで刺し植えます。
よく見ると緑のビニタイが見えますね。


こちらの壁にも。
苔はどこまでバラバラにしていいかすごく迷いました。
初めてなのでこんなもんでしょう笑


平面部も同様にビニタイで刺していきます。

ストック陰性水草


ストック分の陰性水草も配置しました。
アヌビアス ナナとラウンドリーフ。
奥はハイゴケとプミラ ミニマです。


平面部にはフレイムモス、
斜面部にはウィーピングモスを配置しています。
ミクロソリウム バリスモール十字は
半水中となる場に配置しました。

アクアリウム用接着剤

今回、以前から気になっていたアクアリウム用接着剤。
購入してみたので使ってみました。
使い方は普通の接着剤と一緒です。
水中でも硬化するようです。

付けて貼る。
※注意点
根っこが多いものは不向きでした
根を根元まで切れば貼れます。

水中


土台自作時に作っておいたポケットに配置します。
馴染めば自然になるはず。
他は水中は特に工夫した点はありません笑


ついに完成

いろいろ配置し終えて完成しましたー!!!




↓完成写真がこちら!↓






おー私的には大満足な出来です。
水槽の水垢は置いといて。


排水口部にはヒロクチゴケや
タマシダ ダッフィー、トキワシノブを。


引きで見るとこのような感じ。
ミクロソリウムやアヌビアスをところどころに
配置して本来の目的を果たします。


水中はシンプルに。
迷いに迷ったのですが
シンプルが1番良さそうだったので。


動画

↓動画で完成アクアテラリウムを確認↓

初心者でもDIYで滝のあるアクアテラリウム初心者でもDIYで滝のあるアクアテラリウム(練習) ~導入編part2~


今後

ふーようやく終えましたが
ここからが始まりでもあります。
今後は維持管理を綴っていきます。