DIYなアクアリウム

2013年から始めたアクアリウム。小さいものから大きなものまで自作して節約する。管理しやすい陰性水草と最近話題のアクアテラリウムが好み。

DIYなアクアリウム

アクアテラまとめ
アクア三角
採取
シダ・コケ特集
アヌビアス特集
アクアテラリウム土台自作part1
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

初心者でもDIYで滝のあるアクアテラリウム(練習) 〜土台自作編part2〜

アクアテラリウム製作記です。

前回制作した土台に石を貼り付けます。

↓前回(土台制作編part1)はこちら↓





流水部まわり


前回でこの土台を制作しました。



大きな石を中心に流水部を決めつつ貼っていきます。



構造物同士の繋ぎ目が肝だよなと思いつつ貼ります。



徐々に石を付け足していきます。



迷うよりも思いつきでどんどん貼っていった方が
良いものになると自分に言い聞かせながら。



裏はこんな感じ。
まぁ見えないのでどうでも良いです。



繋ぎ目の工夫点
上流部の方の石を上に被せることで
水漏れを無くそうという試み
です。



こちらの繋ぎ目はとりあえず貼って
後からバスボンドQで補強予定。


手前の流水部。 深く考えず貼ります笑

流水部

流水部の底には田砂を貼り付けます。 これもバスボルドQで、です。 少しずつ、
少しずつ貼ります。

平面部がひと段落したら壁へ移ります。 乾いているのを確認して横に倒して貼っていきます。
壁は本当に適当に。 テンポが大切です。
植栽しやすいようにポケットを作ってみました。
だいぶそれらしくなってきました。 まだただの石の塊っぽい。

植えれる君接着

植えれる君(薄板)にはこんな板が3枚入っています。 簡単に押し潰せるような素材です(画面中央部)。
これを隙間の形に合わせて切り、
はめ込んで接着していきます。 植えれる君は柔らかいので ある程度形を合わせれば良いです。

完成(仮)

とりあえず完成しました! こんな感じです。
上から。 植物を植えたら雰囲気変わるかな?

今後の予定

水槽に入れてしまう前に ちゃんと水が流れてくれるか、 水漏れはないかの確認をしなければなりません。 ということで次回は流水確認編、のはず…