DIYなアクアリウム

2013年から始めたアクアリウム。小さいものから大きなものまで自作して節約する。管理しやすい陰性水草と最近話題のアクアテラリウムが好み。

DIYなアクアリウム

アクアテラまとめ
アクア三角
採取
シダ・コケ特集
アヌビアス特集
アクアテラリウム土台自作part1
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

初心者でもDIYで滝のあるアクアテラリウム(練習) 〜土台自作編part1〜

アクアテラリウム製作記です。

ついに土台制作に取り掛かります。

↓前回(レイアウト模索編)はこちら↓


材料

プラダン

910×450×4mm 1枚


塩ビパイプ

これは高さに合わせて必要分購入します。

防腐剤が含まれていない接着剤

防腐剤が入っていると生体に悪影響が出ます。
必ず確認してから使用しましょう。

鉢底ネット

壁で使用します。


制作

プラダン切断


プラダンをカッターで切断します。
これが土台部となるので水槽サイズに
合わせて切っていきます。
柱を挟み込むように柱の上下に接着するので
それぞれ2枚ずつ切り出します



プラダンを上部のみに接着したもの(机上のもの)では
石の重さでズレて安定感がない
と考えたため、
柱の下部にもプラダンを接着し、
安定感を高める算段です。

柱 接着

柱をプラダンに接着します。


接着しています。

ちなみに下部のプラダンにはズレないように
塩ビパイプの径くらいの穴を開け

そこにはめ込んでから接着しています。


接着待ちです。

壁・シェルター制作

壁は単純に直線的に作ってしまうと
人工物感が出てしまうので
鉢底ネットを使って曲線を生み出します


このように半月状に切った鉢底ネット
糸か結束バンドで固定して曲線を生み出します。


下部にはシェルターとなる箱上のものを取り付けました。


取り付けるとこんな感じです。


こんな感じで人工物感が出ないように
壁を貼り付けていきます。

全体像

貼り付け終えたものがこちら!










上から
3つの部分が独立しています。



違う角度から


今後の予定

次はこの土台に石を貼り付けていきます。
ここまでは切って貼るだけですが、
ここから見える部分となるためセンスが問われる作業です。
頑張ります。