DIYなアクアリウム

2013年から始めたアクアリウム。小さいものから大きなものまで自作して節約する。管理しやすい陰性水草と最近話題のアクアテラリウムが好み。

DIYなアクアリウム

アクアテラまとめ
アクア三角
採取
シダ・コケ特集
アヌビアス特集
アクアテラリウム土台自作part1
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

アクアリウムとは?アクアリウムの「意味」と「良さ」と「注意点」

そもそもアクアリウムって何だろう



そんな意見をいただいたので解説します。

アクアリウムの意味

アクアリウムとは
「水中に生息する生物の飼育設備」のことです。

つまり水族館の水槽も家にある水槽も
どちらもアクアリウムと言えるでしょう。

f:id:wkldpiqbl:20181116151129j:plain
「アクアリウムが趣味」と言えば
「水槽の中で熱帯魚や水草を飼育する趣味」のことです。


アクアリウムの種類

淡水or海水

淡水

f:id:wkldpiqbl:20181116151925j:plain
淡水に生息・生育する魚や水草を
水槽で育てるアクアリウムです。

水道水の塩素を抜くだけで飼育水にできるため
アクアリウムを始める方は淡水からが多いです。

また、アクアリウムショップでも流通量が多いため
1番オーソドックスなアクアリウムと言えます。

定番のメダカや金魚、グッピー、ネオンテトラなどから
アロワナや古代魚、淡水エイ、淡水フグ、
水草も緑から赤色まで多種多様な水草が販売されているので
幅広いジャンルで楽しめます。

海水

塩分を含んだ水で飼育するアクアリウムです。
マリンアクアリウムと呼ばれることもあります。

f:id:wkldpiqbl:20181116151222j:plain
色鮮やかな熱帯魚やサンゴなど
見栄えが良いアクアリウムになります。

水道水をそのまま入れるのではなく
アクアリウム用の塩を混ぜてから入れる必要があります。

塩分濃度の調整などが難しく
サンゴを入れる場合には強い光量が必要など
淡水アクアリウムより維持管理は難しくなります

そのため必要な設備が高価になるため
初期投資が多くなります。

生体or水草メイン

生体メイン

f:id:wkldpiqbl:20181116151702j:plain
水草を食べてしまう金魚や大きくなる古代魚など
生体をメインに飼育するアクアリウムです。

レイアウトは生体の隠れ家と
丈夫な水草のみなどシンプルなものが多いです。

複数の魚種を混泳する場合は
魚同士の相性を考える必要があります


水草メイン

f:id:wkldpiqbl:20181116151206j:plain
水草の育成をメインにしたアクアリウムです。
草原ジャングルを再現するなど
極めれば壮大なアクアリウムになります。

水草メインといっても数匹の熱帯魚や
コケ取り用のエビ入れることが多いです。

水草をキレイに育てるためには
二酸化炭素や肥料を添加したり
水質を調整する必要があります。

陸地の有無

水槽の水位を低くして陸地を作り出したアクアリウムもあります。
アクアテラリウムと呼ばれます。


陸地部分に観葉植物を育てることもできるため
リビングなどに配置すると見栄えが良くなります。



アクアリウムの良さ

おしゃれなインテリア

キレイに管理された水草水槽や
色鮮やかなマリンアクアリウムなどは
見栄えが良くインテリアとして最適です。

手間がかからない

アクアリウムはフィルターと呼ばれる
ろ過装置を設置する場合が多く、
メンテナンスは週1回程度で良いです。

エサは適度に与える必要がありますが、
犬や猫などより手間はかからないです。

同居人の同意が得やすい

犬は吠え声や噛み癖、猫は爪研ぎによる傷など
飼育するペットによっては同居人の同意が得られないことが多くあります。

一方、アクアリウムは金魚すくいで幼い頃、
金魚を飼っていたという人が意外に多く
魚の飼育を身近に感じることがあり同意が得やすいです。
手間もかからずインテリア性も高いことが
同意を得やすい後押しをしてくれるでしょう。

新しく趣味として始める方にとっては重要なポイントです。


アクアリウムで注意すべき点

地震などによる倒壊

アクアリウムで1番考慮すべき問題は地震です。
水を入れた水槽は100kgになることもあり、
地震などで倒壊した場合は被害が大きくなります。

そのため倒壊防止策を講じたり、
水槽の水位を下げるなど何らかの対策は必要でしょう。

長期の外出

犬や猫などは長期間外出する場合
ペットホテルを利用すれば解決します。

しかしアクアリウムの生体はそうはいきません。
エサは自動給餌器で与えることができますが、
飼育水は週1回はメンテナンスが必要です。

そのままにしておくとコケだらけとなり
見栄えがとても悪くなります。

同居人がいて頼める場合は問題になりませんが
一人暮らしの場合は外出時の対策も考える必要があります。

臭い

適切に管理されたアクアリウムは無臭です。

しかし始めたばかりの人や
管理を怠った水槽は臭いがすることがあります


維持管理のコツが分かれば臭いがしなくなります。
逆に言えば臭いがするようになったら
なんらかの異常が起きている指標となります。

魚の寿命

メダカやネオンテトラなどの魚の寿命は
長くて2,3年と言われています。

しかしドジョウや古代魚などは
10数年間の寿命があるため
最後まで飼い続ける強い意志が必要です。

途中で飽きたからといって川や池に
放流してはいけません


はじめての方は寿命が比較的短い魚から
飼育し始めた方が良いかもしれません。


さいごに

アクアリウムとは水槽で熱帯魚や水草を飼育することです。

アクアリウムはインテリア性が高いことに加え
熱帯魚から水草、サンゴ礁まで
趣味としての幅が広いことが特徴です。

コツを掴むまでは難しいこともありますが
軌道に乗れば手間がかからず楽しめます。

アクアリウムという趣味に興味を持った方は
下記の記事に最低限の用意すべき用品をまとめています。