DIYなアクアリウム

2013年から始めたアクアリウム。小さいものから大きなものまで自作して節約する。管理しやすい陰性水草と最近話題のアクアテラリウムが好み。

DIYなアクアリウム

画像の説明
アクアテラまとめ
画像の説明
アクア三角
採取
シダ・コケ特集
水槽台を自作
画像の説明
画像の説明
画像の説明

【たった2つだけ?】アクアリウム初心者が最低限用意するべきアクアリウム用品

f:id:wkldpiqbl:20200726161218j:plain
インテリアとしても人気のあるアクアリウム水槽。
始めたいと思っている人も多いのではないでしょうか?

一方で

始めたいけど何が必要なんだろう

最低限用意すべきものが知りたい



と思う方々も多いでしょう。

そんな方々のためにアクアリウム水槽を始めるときに
最低限用意すべき用品についてまとめました。

これだけあればアクアリウムを始められる!

さっそく最低限そろえるものを紹介します!

容器

まずは容器を用意します。
おすすめは45㎝水槽ですが
100均で手に入る容器でも問題ありません。
水が漏れなければよいのです。

フィルター

アクアリウムを維持する際に
重要なのがフィルターです。
ゴミを取り除き、
きれいな水にろ過してくれます。

小さい容器であっても
「マイクロフィルター」のような
小型のフィルターがあります。
小さい容器だと水がすぐ汚れてしまうので
初めての人はフィルターを入れる方が無難です。


「容器」と「フィルター」さえあれば
アクアリウムが始められます。


砂を敷くことで容器の中に
自然をつくりだせます。
何もないと殺風景になるので
砂は敷いた方が良いです。
少量なら100均で購入できます。

水草

水草はアクアリウムに彩りを与えます。
入れるだけで水槽らしさがぐぐっと出ます。
それに余分な栄養素を吸収してくれるというメリットもあります。


本格的なアクアリウムを始めたい時

f:id:wkldpiqbl:20200616214334j:plain
より本格的なアクアリウムを始めたい場合の
必要最低限の用品をまとめます。

基本設備

水槽

アクアリウム用水槽を用意しましょう。
先ほどは100均でも良いと言いましたが、
ちゃんとするならば
水漏れがないアクアリウムようにすべきです。

大きさ

初心者には大きめの水槽がオススメされます。
大きい水槽の方が水量が多く、
水質変化が緩やかで管理しやすいからです
幅60cmの水槽が一番推奨されていると思います。
一番商品数も多くそろえやすいです。

60cm水槽が大きいと感じるのであれば
幅30cm〜45cmの水槽でも良いと思います。
45㎝くらいがレイアウトするにも
一番やりやすいです。

配置場所

f:id:wkldpiqbl:20200726115748j:plain
水槽を置く場所には注意が必要です。
テキトーに決めてしまうと
場所を変えるのに苦労します。
ここでは3つのポイントを紹介します。

①しっかりした台の上
水槽は水を入れると数十kgの重さになります。
配置する台はその重さに
耐えられる物でないといけません。
もし水を入れた状態で
倒れてしまったら大惨事になります。


②直射日光に当たらない場所
水槽を室内に置く場合は
日光が当たらない場所にしましょう。

日光が当たる場所だとガラス面に
すぐコケが付いて管理が面倒
になります。
また水温が上がりすぎてしまい、
魚が弱ってしまいます。


③水場が近い場所
アクアリウム水槽は1,2週間に一度、
水槽の1/3〜1/2程度の水を換えるメンテナンスがあります。

水場が遠いと水を汲みに行くのがとても面倒です。
定期的に行うメンテナンスなので
水場が近い方が都合が良いです。


水を入れた後の水槽移動はかなりの労力が必要なので
配置場所をもう一度よく考えましょう。

フィルター

フィルターには
水槽の上に置く上部フィルター
水槽のフチにかける外掛けフィルター
水槽の下などに本体を置く外部フィルター
などさまざまな種類・形態があります。

本体

フィルターの種類は正直なんでも良いです笑。
自分の好みだったり予算などで決めてください
それぞれのフィルターには
「適応水槽サイズ」というものがあります。
自分の水槽サイズに合ったものにしましょう。

こだわり出すときりがないですが、
初めてなら
・音が静か
・設置が簡単
な外掛けフィルターがおすすめです。

ろ材

フィルターの中に入れるものです。
ゴミをこし取ったり、
水をきれいにしてくれます。
基本的にはフィルターについています。

交換するときもフィルターに記載されている
純正のものか、
互換性のあるろ材を購入しましょう。

照明とタイマー

アクアリウムに水草を入れる場合は
光合成のための照明器具を設置する必要があります。

魚などを入れる場合にも
魚の生活リズムが整えられるため
照明を設置した方が良いです。

照明は蛍光灯でもLEDでもどちらでも良いと思います。
LEDでは水草が育たないと言われることがありますが
私の経験だとLEDでもちゃんと育つので大丈夫です。

タイマーを使えば照明のオンオフが
自動で行われるので楽です。

保温・冷却設備

夏になると水温が30℃近くになり、
冬になると水温が5℃以下になります。

冬は日本原産の魚や水草は平気ですが、
熱帯原産の魚や水草には辛いです。
熱帯の魚であっても30℃の水温は生きていけません。
春や秋など朝晩の寒暖差が大きい季節には
魚の調子が悪くなることが多いです。

そういったトラブルが少なくなるので
水槽に冬は加熱用のヒーターを、
夏は冷却ファンを設置しましょう。

保温(ヒーター)

冬は水槽内にヒーターを設置します。
同時にサーモスタットという器具も購入しましょう。
水温が設定温度以下になると
ヒーターの電源を入れる器具です。
タイマーのようなものです。

冷却(クーラー・ファン)

はじめての方は冷却ファンをオススメします。
水槽用クーラーはとても高価であることと、
設置が面倒なので冷却ファンの方が良いと思います。

オススメはセット!

アクアリウムショップでもネットショップでも
水槽・フィルター・照明がセットになっている商品が
数多く発売されています。

セット価格でお得なので
まずはセットになっているものがオススメです。


レイアウト関係

これからは水槽の中に入れる
レイアウトに関わるものを見て行きます。
水槽の中に好きなものを置いて
自分だけのオリジナル水槽にしていきます。

底床

水槽の底には砂や砂利などを敷きます。
何もないと殺風景なのです。
全体に1cmの厚さに敷くくらいで良いです。
厚く敷くよりも薄く敷いた方が管理しやすいです。

石・流木

水槽内に入れるメイン素材といえば石と流木です。
アクアリウムショップで
自分好みの形を探ししてもいいですし、
ネットショップの形状お任せであれば
お値打ち価格で手に入ります。

必ずショップで購入したものを使いましょう。


魚・エビなどの生き物

魚を飼いたくてアクアリウムを
始める人も多いと思います。
初心者におすすめの生物を紹介します。

ネオンテトラ

言わずと知れた熱帯魚の王様的存在です。
赤い体に青いラインが入る
キラキラした綺麗な魚です。
どのアクアリウムショップでも見かけます。
環境変化に強く初心者にもおすすめの魚です。
また安価に手に入ることもポイントのひとつです。

アカヒレ

こちらも初心者向けな魚です。
生命力が強いためフィルターがない
水槽でも元気に泳ぎまわります。
アクアリウムショップで普通に見かけ、
値段もお手頃です。


魚を入れる前に注意すべき点があります。
水槽を始めるとともに多くの魚を
一気に入れてしまってはいけません


フィルターがまだ十分に機能しないからです。
ろ材に魚のフン(アンモニアなど)を分解する
バクテリアが十分繁殖するのを待たなけれないけません。

一気に入れてしまうと
水槽内にアンモニア(毒)の濃度が高くなり
死んでしまいます。

始める時は多くても3匹程度に留めましょう
何も入れないとバクテリアの繁殖が遅くなるため
最低1匹は入れた方が良いです。


メンテナンス用品

続いて定期的に行う
メンテナンスで必要なものです。
なくてもいいものではありますが
あれば格段と楽になります。

水換え用品

ホース

1,2週間に一度水槽の水を換えるイベントがあります。
フィルターだけでは
徐々にゴミが溜まってしまうのです。

そんな水換えをするとき便利なのが
水換え用のホースです。
灯油を汲むときに使うようなホースで
楽に水を吸いだしてくれます。

カルキ抜き

水道水には消毒のための塩素(カルキ)が
含まれているので塩素を取り除いてから
水槽に入れる必要があります。

塩素自体は1日で自然に取り除かれますが
水換えの前日から水を準備するよりも
カルキ抜きがあった方が楽なので用意しましょう。

日常管理

水温計

ヒーターや冷却ファンがちゃんと動作しているか
確かめる意味でも水温計は設置すべきです。
マグネットでつける水温計がオススメです。

タオル

水換えなど日常メンテナンスをした時は
気をつけていても水が予想以上飛び散ります。

タオルは多めに用意した方が良いです。
使い古したタオルで十分です

魚を入れる場合には網があった方が便利です。
魚や水槽のサイズに合った大きさが良いでしょう。


まとめ

アクアリウムをはじめる上で最低限必要なものは

・水槽
・フィルター
・照明
・ヒーターと冷却ファン
・底床と石、流木
・数匹の魚
・ホースとカルキ抜き
・水温計
・タオル


他にもあると良いものはありますが、
必要と感じたら購入すれば良いと思います。

ぜひアクアリウム水槽をはじめて
アクアリウムライフを楽しみましょう。