DIYなアクアリウム

2013年から始めたアクアリウム。小さいものから大きなものまで自作して節約する。管理しやすい陰性水草と最近話題のアクアテラリウムが好み。

DIYなアクアリウム

画像の説明
アクアテラまとめ
画像の説明
アクア三角
採取
シダ・コケ特集
水槽台を自作
画像の説明
画像の説明
画像の説明

大型水槽の水替えにはポリタンク&電動灯油ポンプが最適!

f:id:wkldpiqbl:20200618210731j:plain
90cm水槽を立ち上げました!
夢の90cm大型水槽です!
普通の家にはこんな大きな水槽ないですよね!?
ていうか いらない…?
そんなことないです笑。


今までは60cm標準水槽しかなかったので気にもしなかったですが、
90cmにサイズアップして最も苦労するのが…




そう、水替え作業です。
60cm水槽では1/5くらいの水を毎週変えていたのですが、
90cm水槽では1/5でもかなりの水量になります。


そこで考えたのがポリタンク&電動灯油ポンプを使う方法です。
今回は大型水槽の最適な水替えについて紹介します。



90cm水槽の水換えについて

f:id:wkldpiqbl:20191128200202j:plain

90cm水槽の水替え水量は?

まずは水替えする量を確認してみます。
水草水槽か大型魚水槽かで異なるとは思いますが、
今回は毎週全量の1/5程度の水を変えることを考えます。

90cm水槽の容量

一般的な90cm水槽は
90(幅)×45(高さ)×45(奥行)cmという寸法です。
水槽いっぱいに水を入れれば160ℓの水量になります。

毎週1/5の水を変えるとする

毎週水槽全量の1/5を水替えするとすれば
32ℓの水を変えることになります。
つまり32kgの水を変えるのですから かなりの労力です。

バケツでは限界がある

60cm標準水槽では5ℓバケツで水替えをしていましたが
90cm水槽で32ℓもの水替えとなると
7回繰り返しなければなりません
かなりの手間ですよね。
もっと大きなバケツにすれば良いかも知れませんが
水槽に水を入れるときに重すぎて辛いです。
つまり90cm以上の大型水槽では
バケツを用いた水替えは無理だと思われます。


大型水槽の水替えにはポリタンク!

一度に大量の水を変えたいときには
灯油で使うポリタンクを使うべきなのです!
水換えにポリタンクを使うメリットを挙げます。

メリット

バケツよりも大容量

f:id:wkldpiqbl:20200229151201j:plain
市販されているポリタンクは18ℓが主流です。
大きいものであれば20ℓもあります。
つまり5ℓバケツで何度も水換えするよりも
ポリタンクであれば2回だけで済みます。

キャップが付いている

f:id:wkldpiqbl:20200618210758j:plain
ポリタンクには口が2つあり、
どちらにもキャップが付いています。
蛇口がある場所から水槽がある所まで距離がある場合、
キャップがあればこぼす心配がありません。
バケツで換えていると気をつけていてもこぼれてしまいますよね。
筆者も毎回水滴をたらしてよく怒られます笑

入手しやすい

f:id:wkldpiqbl:20200229151546j:plain
ホームセンターに行けば大抵は手に入りますし、
スーパーで売られていることもあります。
しかも2000円弱で購入できる点もメリットと言えるでしょう。


ポリタンクとともに電動灯油ポンプを使う!

1度に大量の水を換えれるといっても
ポリタンクだけでは水面まで持ち上げることはできません。
持ち上げられたとしても注ぐ量を調節できずに
レイアウトを崩してしまうかもしれません。


そこで登場するのが電動灯油ポンプです!
ポリタンクの横に売られてるアレです。
これを使えば自動でゆっくり水を注ぐことができます。

ただ、アクアリウム用に作られているわけではないので
使うときには工夫が必要です。
あと単三電池で動作するものの方が
コスパは良くなる気がします。
詳しい使い方は次の章で説明していきます。


ポリタンクでの水換え方法

必要なもの

- ポリタンク

  • 電動灯油ポンプ



灯油用のポンプは地面から水面まで水を上げるだけのパワーはありません。
同じ高さ同士でしか機能しません。
そのため、水槽と横並びできるくらいの
台を用意して、その上にポリタンクを置く必要があります

当然、15kgの重さに耐えられるしっかりした台です。
今回紹介する水換え方法で一番の手間といえばここです。

水換えの手順

それでは水槽の水を抜いた状態から説明していきます。

①ポリタンクに水を入れる

まずポリタンクに水を入れます。
自宅のシンクにポリタンクを置いてしまうと
重さに耐えられるか心配なので
筆者はシンクの横にイスを置いています。

②台にポリタンクを乗せ電動ポンプをセット

f:id:wkldpiqbl:20200618210822j:plain
水槽と同じ高さの台にポリタンクを乗せて
電動ポンプをセットします。
筆者はイスを使っています。
ポリタンクはかなり重いので注意して乗せましょう。

③ポンプの電源を入れる

f:id:wkldpiqbl:20200618210831j:plain
その状態でポンプの電源を入れて水を入れていきます。
電動ポンプの中には満タンになったら
自動的に止まるタイプもあるので
注ぎ口には注意してください。
水面につけながらでは作動しないことがあります。

④自動で止まるまで見守る

ポンプが止まるか、ポリタンクの中が空になったら
水換え完了です。
水を入れる間は基本放置なのでかなり楽です。


さいごに

憧れの90cm水槽を導入したけど
日頃の水換え方法をどうしようかと悩んでいる人も多いと思います。
この方法であれば一度に多くの水を変えられる上に
水換え中は基本的に放置することができます。
大型水槽を導入した方はぜひ参考にしてみてください。