DIYなアクアリウム

2013年から始めたアクアリウム。小さいものから大きなものまで自作して節約する。管理しやすい陰性水草と最近話題のアクアテラリウムが好み。

DIYなアクアリウム

アクアテラまとめ
アクア三角
採取
シダ・コケ特集
アヌビアス特集
アクアテラリウム土台自作part1
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

アクアリウムにヒーターは必要?ヒーターの選び方と設置場所を解説

f:id:wkldpiqbl:20190421144746j:plain
アクアリウムは初期投資が多い趣味です。
そんなアクアリウムを始めるときに

難しいのを飼わないし いいかな

そもそも必要性が分からない

と思いヒーターの購入を見送った初心者も多いと思います。
今回はアクアリウムのうえでヒーターの必要性から
設置場所まで解説していきます。

アクアリウムのヒーターとは?


アクアリウムで使用するヒーターは水温を上げるために使用します。
一般的には設定水温以下になれば電源が入り、
ある程度水温が上昇すると電源が切れる仕組み
です。
基本的には冬に使用しますが、
春や秋など朝昼の寒暖差が大きい季節も使用することがあり、
意外に1年のうち多くの時間、
ヒーターを入れているアクアリストが多いです。



ヒーターを用いるべき飼育環境

熱帯魚を飼っている

f:id:wkldpiqbl:20190421144322j:plain
ネオンテトラなど熱帯に生息する魚を
飼育する場合はヒーターが必要です。
日本の冬の水温では耐えられず死んでしまいます


また、熱帯に自生する水草を入れている場合も
ヒーターが必要です。
アヌビアスなどは入れなくても枯れることはないですが成長は止まってしまいます。
金魚藻と呼ばれる安価で丈夫な水草であれば問題ないですが、
枯らしたくない水草があればヒーターを入れた方が無難です。

生体の調子を崩したくない

f:id:wkldpiqbl:20190421144156j:plain
メダカやドジョウなど日本の淡水魚のみ飼育する場合は
ヒーターは必ずしも必要ではありません。
しかしアクアリウム水槽は水量が限られているため
朝昼の水温差が大きくなり、
その水温差で生体が調子を崩してしまう
ことがあります。
コップの水は鍋の水より温めやすく冷やしやすいのと同じです。
そのためできればヒーターを入れることをオススメします。


ヒーターの選び方

ヒーターのタイプで選ぶ

水温固定式

ヒーターを入れておけば自動である水温に保ってくれるタイプのヒーターです。
ヒーターを入れるだけで簡単に水温管理ができます。
ただ26℃など同じ水温にしかできない点がデメリットです。
小型水槽に多く用いられています。


サーモスタット

ヒーターをサーモスタットにつなげ水温調整をするタイプです。
サーモスタットは水温が下がれば電源が入り、
水温が上がれば電源を消してくれる機械
です。
サーモスタットのメリットは
維持したい水温を自分で調節できる点です。
飼育する生体が変わっても設定温度を変えれば
そのまま同じヒーターが使用できます。
そのため1番利用者が多いタイプと言えます。
デメリットはサーモスタットとヒーターをそれぞれ買わなければならないため初期投資が大きくなる点です。
サーモスタットは壊れることが少ないので
コストパフォーマンスは優れています。


温度可変式ヒーター

ヒーターとサーモスタットが一体になったタイプのヒーターです。
これを買うだけで温度を自由に設定できるヒーターとして機能します。
ただ、ヒーターが故障した場合
また購入しなければならないのでコスパは悪くなるでしょう。


外部式ヒーター

外部フィルターと組み合わせて使用するヒーターです。
ホースにつなげるインラインヒーターや
最近ではクーラーとヒーターが一緒になった
ペルチェ式と呼ばれる商品も発売されています。


水槽サイズで選ぶ

水槽のサイズが大きくなれば
水量が多くなるためヒーターの選び方も変わってきます。
ヒーターを買う際に「〇〇W(ワット)」という表記があります。
W(ワット)は消費電力のことで大きい数値ほど温める力が強いことを表します

水槽サイズ(横×奥×高) 最適なW(ワット)
30㎝水槽(30×20×25㎝) 50W
30㎝キューブ水槽(30×30×30㎝) 75W
45㎝水槽(45×27×30㎝) 100W
60㎝水槽(60×30×36㎝) 150W
90㎝水槽(90×45×45㎝) 300W
120㎝水槽(120×45×45㎝) 500W



ヒーターの設置場所

水槽内


水槽内にヒーターを入れる場合は水面付近に設置しないようにしましょう。
ヒーターが空気中に出ていると空焚きしてしまい故障します。
そのため筆者は水底の隅の方に配置しています。
かなり存在感を発揮するため
できるならば石や流木の後ろに隠す必要があるでしょう。

水槽外

インラインヒーターなど水槽外部に設置できるヒーターは
見栄えも変わらずレイアウトを崩すことがないのが
最大のメリット
です。
ただ外部フィルターを使用していないと
このタイプのヒーターが利用できないのがデメリットと言えます。



ヒーターのリスク管理

ヒーター本体は1年交換をメーカーは推奨しています。
ただ私を含め数年間同じヒーターを使用し続ける
アクアリストがいるのも事実です。
そんな節約アクアリストがすべきことは
ヒーターの2個付け
です。

数年使用しているヒーターはいつ壊れるか分かりません。
ヒーターを付けているつもりが
突然機能しなくなり生体が全滅ということもあります。
見ている時であれば良いですが
外出中や睡眠中に起こらないとも限りません。

そのためサーモスタットにタコ足配線を付け、
ヒーターの2個設置をオススメします。
仮に片方のヒーターが壊れてしまっても
もう片方のヒーターがあるため
水温をある程度なら維持し続けられます



さいごに

ヒーターには様々なタイプがあります。
それぞれにメリット・デメリットがありますが
私の意見としてはどの水槽でもヒーターは入れた方が良いということです。
ネットショッピングなどを駆使して
出来るだけ安く手に入れるようにしましょう。