DIYなアクアリウム

2013年から始めたアクアリウム。小さいものから大きなものまで自作して節約する。管理しやすい陰性水草と最近話題のアクアテラリウムが好み。

DIYなアクアリウム

アクアテラまとめ
アクア三角
採取
シダ・コケ特集
アヌビアス特集
アクアテラリウム土台自作part1
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

アクアリウムで使う流木の入手法をまとめる!入手経路別のメリットとデメリット

f:id:wkldpiqbl:20190124193927j:plain
アクアリウムにかかせないアイテムといえば
流木が挙げられます。
最近流行りの自然を再現したネイチャーアクアリウムには
流木の使用がかかせません。

しかしそんな流木はどのように手に入れるのでしょうか?
この記事では流木の入手経路について
メリットとデメリットを考えながら
まとめてみました。

アクアリウムでの流木の役割

自然を再現したレイアウトに


流木はアクアリウムでよく用いられる
レイアウト用品のひとつです。
流木を用いたアクアリウム水槽は
自然界の風景を再現したような壮大なレイアウトができます。
アクアリウム水槽の世界一を決める
レイアウトコンテストでは
流木の太さや大きさによって木の幹を再現したり、
ツルのように配置することもあります。

生体の隠れ家に

f:id:wkldpiqbl:20190124194654j:plain
流木は自然界でもよく見られる素材ですので
魚やエビなどの生体も安心して利用できます。
流木の陰に身を潜めるなど生体の隠れ家として機能します。

水草の土台に

f:id:wkldpiqbl:20190124194714j:plain
アヌビアスやミクロソリウムなど何かに活着する
性質のある水草の土台として用いられます。
流木は長細いことが多いので
水草を固定するための紐を巻きつけやすく
表面がザラザラしているので活着しやすいです。


流木の入手法

ショップで見て購入する

アクアリウム専門ショップや
ホームセンターなどに併設されている
アクアリウムコーナーなど店頭で売られている
流木を購入する経路です。

メリット

実際に見て購入できる
必要な分だけ購入できる
アク抜き流木がある


デメリット

店頭に行かなければならない
他の経路と比べて高価なことがある
大型店でないと数が少ない


評価

実際に見てどれくらいの大きさなのか把握できる点が
最も大きなメリット
でしょう。
近くに水槽が置かれレイアウトのお試しができる
店舗も多くなってきました。

ワンポイントで1つ付け足したい


というような方にはおすすめですね。

しかし大型店でないと流木の数が少なく
選択肢があまりない場合もあります。
近くに大型店がある人しか利用できない方法でもあります。

アクアリウムのネットショップで購入する

有名なcharmや楽天市場などに出店している
アクアリウムショップから買う入手経路です。

メリット

比較的安価で購入できる
家に直接届く


デメリット

形状おまかせが多く気に入らない流木が届くことも
アク抜きが必要なことが多い


評価

アクアリウムショップなので
ネットショップといえども水槽にも利用できる
質の高い流木を手に入れることができます。
店頭で購入するよりも少し安価なことが多いです。

ただ形状おまかせで売られていることが多いため、
届いた流木を気に入るかどうか不安が残ります。

はじめて買う

というような方にはおすすめです。

ヤフオク・フリマアプリで購入する

ヤフオクなどのフリマアプリから購入する経路です。
最近はフリマアプリでの出品数も増えてきています。

メリット

圧倒的に安い
大きな流木の出品数が多い


デメリット

どこで入手したか不明なことも
質が悪い流木を出品していることも
十分なアク抜きが必要


評価

フリマアプリでの購入は個人出品が多いためか
安価で手に入れることができることが多いです。
大型水槽用の大きな流木の出品も多いことから
大型水槽を始める方におすすめの入手法です。

ただ出品者を見極めなければ
質が悪い(水槽内で分解が進みダメになる)流木を
購入することになるため注意が必要です。

川や海で拾う

川や砂浜に落ちている流木を拾う入手経路です。

メリット

タダで手に入れられる
気に入った形状の流木を手に入れられる


デメリット

水槽に入れるまでの処理が手間
化学成分が含まれていることもある


評価

流木を拾うことはおすすめしません
何が含まれているか分かりませんし、
海岸で拾った流木は特に、塩抜きなど処理が多く面倒です。
手間とリスクをとるよりは
ちゃんとしたところで購入した方が良いでしょう。



おすすめの入手法

おすすめは店頭で実際に見て購入する方法です。
自分の気に入ったものを購入できますし、
安心して水槽に入れられます。

店頭に並んでいないような
かなり大型な流木を手に入れたい場合は
フリマアプリを見てみましょう。
特にヤフオクがおすすめです。
注意することはちゃんとした出品者を見極めることです。
評価を確認してから入札・購入するようにしましょう。