DIYなアクアリウム

2013年から始めたアクアリウム。小さいものから大きなものまで自作して節約する。管理しやすい陰性水草と最近話題のアクアテラリウムが好み。

DIYなアクアリウム

画像の説明
アクアテラまとめ
画像の説明
アクア三角
採取
シダ・コケ特集
水槽台を自作
画像の説明
画像の説明
画像の説明

アクアリウム水槽の電気代・ランキングコストを計算してみる

新しいことを始めるにあたって気になるのは ランニングコストだと思います。電気代ってどれくらいかかるのかなあ24時間稼働し続けると電気代高そうなど思うかもしれません。 そこでこの記事ではアクアリウム水槽維持における 電気代について計算してみました…

【手順と金額公開】酒屋でミドボンを借りて水槽に二酸化炭素を添加する方法

水草水槽を維持するときの 必須アイテムと言えば CO2機器ですよね。 極力コストを抑えるためにも 「ミドボン」の導入を考えている方も 多いと思います。 そこでこの記事では 実際に使っている筆者が ミドボンの入手方法から設置方法まで まとめていきます。 …

陰性水草水槽のためのCO2添加【アヌビアス・ミクロソリウム・ブセファランドラ】

陰性水草水槽を維持しています。 アヌビアス・ミクロソリウム・ブセファランドラなど コレクションとしても だいぶ集まってきました。 ただ、やはり成長が遅いです。 そこでこの度、 CO2添加をしてみることにしました。機器の選び方や添加設定までまとめます…

【ヒータを使わず乗り切る】アクアリウム水槽の冬対策

アクアリウム水槽の 冬対策はどうしていますか?光熱費がかかるしヒーターなしで乗り切りたい小さな水槽だからヒーターを入れれないという方もいると思います。 そこでこの記事ではヒーターなしで 冬を乗り切るための保温対策についてまとめます。 POINT①断…

【バケツで保温】外部フィルターを使う水槽の冬対策

外部フィルターを使用している水槽の 冬場の温度管理はどうしていますか? 冬の温度管理はヒーターを入れるだけなので 夏と比べれば楽ですよね。 しかし気になるのが光熱費。 節約アクアリストとしては出来るだけ抑えたい! そこで筆者が実践しているのが 外…

これで完璧!アクアリウムの水合わせの方法を徹底解説

アクアリウムでの「水合わせ」を聞いたことがありますか?聞いたことはあるけど、やる意味あるの?適当にやってる…そう思う方も多いと思いますが、 実は水合わせはとても重要な作業です。 この作業を省いてしまうと魚・エビの生死に関わります。 この記事で…

【おしゃれな小型水槽を作る】レトロな瓶で小さなアクアリウムを作ってみました

アクアリウムやりたいけど置き場所がないなそんな悩みを持つ方も多いと思います。 そんな方々にオススメなのが「小型水槽」です。 この記事では小型水槽の特徴から 注意すべきポイントまで解説しながら、 実際に1つ作っていきます。 POINT①小型水槽は30cm以…

【水草のみ】流木も石もない水草だけのアクアリウムの魅力とは?~水換えからおすすめの魚まで解説します~

水草のみ使用してレイアウトするアクアリウムのジャンルがあります。 それが「ダッチアクアリウム」と呼びます。 石も流木も使わずに水草だけで魅せる水槽です。 この記事ではダッチアクアリウムについて 立ち上げのポイントから 水換え、トリミングなどの日…

滝と池と崖のあるアクアテラリウムの作り方 〜植栽・完成編〜

新アクアテラリウム制作完結編です。 これまで前回の反省から土台作りまで やってきました。 この記事では植栽をやっていきます。最後の仕上げです 陸地部分に植栽 選んだ植物 アキニレ ヤマモミジ シマトネリコ コメツツジ イノモトソウ ヒメイタビ 苔類 実…

水槽のバックスクリーンを自作する 〜90cm水槽を白い背景にしたい!〜

皆さんは水槽のバックスクリーンはどうしていますか? バックスクリーンを貼ることで水槽の印象がガラッと変わるだけでなく、魚の調子・発色が良くなるとも言われています。 しかし、好みの色がない大型水槽のラインナップが少ないなど様々な問題があります…

【ほんとに必要?】アクアリウム水槽のヒーターについて選び方・電気代・設置場所を徹底的に解説!

アクアリウムは初期投資が多い趣味です。 そんなアクアリウムを始めるときにヒーターはいらないかなそもそも必要性が分からないと思いヒーターの購入を 見送った方々もいると思います。 今回はアクアリウムのうえで ヒーターの必要性から 設置場所まで解説し…

オークションで購入したメダカの卵に水あわせは必要?改良メダカを孵化させる

最近立ち上げた三角構図水槽ですが、 生体がシマドジョウとミナミヌマエビのみで 少し寂しく感じてきました。 水草は海外のものだけど 魚は日本淡水魚が良いというこだわりがあるため ネオンテトラやグッピーなどの 海外原産の熱帯魚は入れたくありません。 …