DIYなアクアリウム

2013年から始めたアクアリウム。小さいものから大きなものまで自作して節約する。管理しやすい陰性水草と最近話題のアクアテラリウムが好み。

DIYなアクアリウム

画像の説明
アクアテラまとめ
画像の説明
アクア三角
採取
シダ・コケ特集
水槽台を自作
画像の説明
画像の説明
画像の説明

川の断面を覗くようなアクアテラリウムの作り方(YouTube動画解説)

YouTubeにも挙げている 川の断面を覗くようなアクアテラリウムの 作り方をまとめていきます。 動画では分かりにくかった箇所や材料も まとめますので参考に! 土台作り 使った材料・道具 60㎝水槽:EHEIM EJ-60 外部フィルター:EHEIM 500 水中ポンプ:コン…

AQUARIO neo FLOW PREMIUMの使い方とレビューを書いてみる(アクアリオ ネオフロー プレミアム)

最近Instagramで見かけたこちらの商品。 なにやら排水パイプに、油膜を取るスキマーの 機能がついていそうなもの。 どこで買えるのかなど商品名もわからないので ヨーロッパにしか売られてないのかと思いきや、 なんとcharmで売られていました。 その名も「A…

アクアテラリウムの土台制作に最適な素材は?ポリスチレンボードorスタイロフォームor発泡ウレタンスプレー

アクアテラリウムを作る時、 どんな素材を使えば良いのでしょうか? 全て石や流水を使うと、 素材代も高くなりますし 水槽自体の重量がかなり大きくなってしまいます。 この記事では私が使うアクアテラリウム土台制作の素材について、まとめてみました! POI…

流れの速い川アクアテラリウムの作り方 | レイアウト案から土台制作編

新しいアクアテラリウムを作ります! 前のアクアテラリウムも気に入っていましたが、 作りたいレイアウトが浮かんだので いてもたっても入れずリセットします。笑 ↓前回の制作記はこちら↓ 川の断面が見たい! アクアテラリウムのレイアウト案 レイアウト図 …

ガラス水槽を加工する方法 〜カットから接着まで

この水槽が横向きだったらな水槽をアクアテラリウム用に加工したい 水槽を買うときに悩むのがサイズです。 理想の水槽サイズがあれば良いですが、 配置場所や予算によっては 希望の水槽がないこともありますよね? そこでこの記事ではガラス水槽の 前面ガラ…

【水草のみ】流木も石もない水草だけのダッチアクアリウムの魅力とは?~立ち上げからおすすめの魚まで解説します~

水草のみ使用してレイアウトするアクアリウムのジャンルがあります。 それを「ダッチアクアリウム」と呼びます。 石も流木も使わずに水草だけで魅せる水槽です。 この記事ではダッチアクアリウムについて 立ち上げのポイントから 水換え、トリミングなどの日…

アクアリウム水槽の電気代・ランニングコストを計算してみる

新しいことを始めるにあたって気になるのは ランニングコストだと思います。電気代ってどれくらいかかるのかなあ24時間稼働し続けると電気代高そうなど思うかもしれません。 そこでこの記事ではアクアリウム水槽維持における 電気代について計算してみました…

【手順と金額公開】酒屋でミドボンを借りて水槽に二酸化炭素を添加する方法

水草水槽を維持するときの 必須アイテムと言えば CO2機器ですよね。 極力コストを抑えるためにも 「ミドボン」の導入を考えている方も 多いと思います。 そこでこの記事では 実際に使っている筆者が ミドボンの入手方法から設置方法まで まとめていきます。 …

陰性水草水槽のためのCO2添加【アヌビアス・ミクロソリウム・ブセファランドラ】

陰性水草水槽を維持しています。 アヌビアス・ミクロソリウム・ブセファランドラなど コレクションとしても だいぶ集まってきました。 ただ、やはり成長が遅いです。 そこでこの度、 CO2添加をしてみることにしました。機器の選び方や添加設定までまとめます…

【ヒータを使わず乗り切る】アクアリウム水槽の冬対策

アクアリウム水槽の 冬対策はどうしていますか?光熱費がかかるしヒーターなしで乗り切りたい小さな水槽だからヒーターを入れれないという方もいると思います。 そこでこの記事ではヒーターなしで 冬を乗り切るための保温対策についてまとめます。 POINT①断…

【バケツで保温】外部フィルターを使う水槽の冬対策

外部フィルターを使用している水槽の 冬場の温度管理はどうしていますか? 冬の温度管理はヒーターを入れるだけなので 夏と比べれば楽ですよね。 しかし気になるのが光熱費。 節約アクアリストとしては出来るだけ抑えたい! そこで筆者が実践しているのが 外…

これで完璧!アクアリウムの水合わせの方法を徹底解説

アクアリウムでの「水合わせ」を聞いたことがありますか?聞いたことはあるけど、やる意味あるの?適当にやってる…そう思う方も多いと思いますが、 実は水合わせはとても重要な作業です。 この作業を省いてしまうと魚・エビの生死に関わります。 この記事で…